ヨコハマ・ヒーリング・デンタル

歯科用水銀アマルガム・金銀パラジウム合金の影響

歯科金属のからだへの影響は?広く使われ保険適用されている水銀アマルガム、金銀パラジウム合金などが、どんな影響を与えうるのかご説明します。

水銀アマルガム

50%の水銀とその素材で構成されています。一般的に安定した合金と言われていて保険適用されていますが、最近の高度測定技術を駆使した研究では、アマルガムの中の水銀がたえず蒸発し分解され、口の中から全身へ入ることが示されています。それが水銀中毒やアトピー性皮膚炎の原因になり得ます。またアマルガムが発する波動が人体に悪影響を与えることもわかってきています。また水銀はコラーゲンを作る過程を阻害するため、膝の痛みやお肌のシミなどの原因になることもあります。

金銀パラジウム合金

水銀アマルガム以外で広く使用されている金属は、金銀パラジウム合金です。ほとんどの方の銀歯はこれでしょう。一般的にはさほど問題はないのですが、人によっては合わない方もいらっしゃいます。この影響はまだ科学的には解明されていませんが、パラジウムはドイツやスウェーデンでは、安全性に疑問がもたれています。

銀合金

これは神経を取ったあとの土台としてたくさん使用されています。軟らかくて使いやすいのですが、合金の添加金属の影響か、非常に錆びやすいです。金属が錆びて溶け出し、金属アレルギーなどを引き起こす可能性があります。

インジウム・イリジウム

合金に微量添加されているインジウムやイリジウムに、アレルギー反応をもつ方が意外と多いです。ですが、皮膚科の医師もまさかインジウムやイリジウムが人体に装着されることはないと考えているため、金属アレルギーのパッチテストの際に、患者さんにアレルギーの有無を告げないことが多いと聞きました。ですので皆さんがもしのパッチテストなどをしたときには、インジウムやイリジウムに反応がないか確認されることをおすすめします。

なんらかの身体の不調が、歯科金属が原因になっている場合があります。また、その方の感受性(金属アレルギーなど)に合わないものが装着されている場合もあります。

当院では、お一人お一人の感受性を検査したうえで、不適切な歯科金属を外し、その方に最も合う材料に改善する治療を行っています。

これらの材料はパッチテストなどで確認できないものもあるため、オーリングテストや各種筋力テストなどを併用しながら、十数種のサンプルから、お一人お一人に最も適合する材質を選んでいきます。また装着する際に使用するセメントも同様に選び、「自分に最も合ったオーダーメイドの詰め物」に交換します。

目次